masterhead masterhead  masterhead

モノクロの高速投影映像をカラーに知覚させるシステム

概要

毎秒1000枚の高フレームレートで投影が可能な製品版のプロジェクタDynaFlashは,カラー映像の投影には対応していない。そこで本研究では,モノクロの投影光を用いてカラー映像を表現するために,一般にはRGBの3成分が必要とされるカラーの知覚を,2枚の画像からでも擬似的に再現可能であるとしたLandの二色法に着目する。投影レンズの前方にミラー及びカラーフィルタを配置することで,1台のプロジェクタから同時に投影した2枚の映像をスクリーン上で合成し,高速性を失うことなく,カラーと知覚可能な投影を実現した。

本システムは,ミラーおよびカラーフィルタというシンプルな外付け装置のみで構築可能であるため,モノクロ映像をカラー化するというニーズに対して低コストに導入できることが特徴であり,認知科学の知見を工学システムに融合させた新たな提案である。


 
システムのモデル
 
システムの全体像
 
画像処理の概要
 
投影結果

参考文献

  • 池田遼,早川智彦,石川正俊:Landの二色法を用いたモノクロ高速プロジェクタにおけるカラー化手法の提案,第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)(大阪・2018年12月13日〜15日),講演論文集,pp. 3063--3066.
 
東京大学 情報基盤センター データ科学研究部門 石川グループ研究室
Ishikawa Group Laboratory WWW admin: contact
Copyright © 2008 Ishikawa Group Laboratory. All rights reserved.
logo