masterhead masterhead  masterhead

観測者の速度に依存したユーザー指向性多義ディスプレイ

概要

観測するユーザの動きや方向に応じて、それぞれに異なる映像を知覚させる指向性多義ディスプレイを実現した。 静止して観測した状態では認識されない埋め込まれた映像が、視線の動きを伴うことで鮮明に現れる。 これは、高速に投影された画像の一部成分が、残像として重ね合わされる効果を利用している。 複数の画像を埋め込んだ際にも、不必要な画像は認識されず、特定の速度を持つ観測者に対して選択的に目的の画像のみを知覚させることを可能にした。



deformable interface bear

本システムは、画像提示デバイスを活用した表現の可能性を拡大するだけでなく、 例えば道路標識として、特定の速度で走るドライバーに対して必要な注意喚起を行うことや、 セキュリティ対策が必要な場面で、特定のユーザに対してのみ情報を伝達する等の実応用が考えられる。

参考文献

  • Haruka Ikeda, Tomohiko Hayakawa, and Masatoshi Ishikawa: Bilateral Motion Display: Strategy to Provide Multiple Visual Perception Using Afterimage Effects for Specific Motion, The 25th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST2019) (Parramatta, NSW, Australia, 2019.11.12-15), Proceedings, Article No. 17 [doi:10.1145/3359996.3364241].
 
東京大学 情報基盤センター データ科学研究部門 石川グループ研究室
Ishikawa Group Laboratory WWW admin: contact
Copyright © 2008 Ishikawa Group Laboratory. All rights reserved.
logo